2017年ゲーム総括その1

超絶お久しぶりですね。

年末も近くなってきたので、今年ハマったゲームの総括してみようかなと思います。

個人的に2016年と比べると、今年はやるゲームが多すぎて今現在も積んでるゲームが多々あります…。

今年はかなり有名タイトルの新作出て豊作でしたね。

特にNintendo Switchの発売から前々から発表されていた大きなタイトルの発売が大きかったんじゃないでしょうか。

実は2016年版も描こうとしてたんですけど個人的にいろいろやることが多くて結局流れました(笑)

まずは時系列順から書いていって、特にハマったゲームは後半に回したいと思います。

 

1/12発売 ニューダンガンロンパV3

f:id:tomboxy:20171214185010p:plain

ダンガンロンパシリーズ自体は、実は去年Steamで安くなった時に買ったのですが、

元々こういうADVはすごい好きなのでずっと買いたいなと思ってたんですがなかなかタイミングが合わなくてセールで一気に買ってハマってしまいました。

3作目となる今作は結構変化を見せてきて従来のファンもびっくりした方多いんじゃないかなーと思いますね。

3作目って結構シリーズにとっても大事なナンバリングで、そのせいか最高傑作だったり、又は賛否両論だったりするんですが、僕はV3好きですよ!

ファンもゲームみたいにゲームの評価を議論スクラムするように仕向けた作品かもしれませんね。

f:id:tomboxy:20171214185922j:plain

 

2/27発売 NieR:Automata

f:id:tomboxy:20171214190118p:plain

 これもまたダークなゲーム

荒廃した世界観、キャラのデザイン、ストーリー全部最高でした

終盤アクションとしても難しくて最高難易度の即死モードでクリアしてる人何者なんだよと思いました

2Bが最後までかっこいいし9Sの苦悩、A2の意外と脳筋なところとメインキャラも魅力たくさんでとてもいいゲームでした。

特に遊園地のマップは何とも言えない寂しさと感動がありましたね。

f:id:tomboxy:20171214192056j:plain

今回はこの2作で!これこのペースで書いたらpart5くらいまで行くんじゃないかな…。

またこんど!

ポケモンサン・ムーン 解禁後猛威を振るいそうなポケモン要対策編

こんばんは、シーズン2のレーティングもちょこちょこやってていろいろPTを変えてみたりしてます。

今日は解禁後猛威振るいそうなポケモンを考えていこうかなと思います。

 

要対策レベル

バシャーモ 

f:id:tomboxy:20170209224154p:plain

A120C110と数字だけ見るとそこまでだが、フレアドライブとびひざげりオーバーヒートなどどれもこれも高威力の技を持っているうえに特性かそくで強引に相手の上をとってPTを壊滅させる。主な型はAS振りのフレドラ/とびひざ/まもる/剣の舞orバトンタッチのケースが多い。珠もしくはタスキが多いが今回はホノオZによる強引な突破をしてくる型があるので対策なしでは壊滅させられることもしばしば。

先制技が弱点だったが天敵のファイアローの弱体化とカプ・テテフという新ポケモンによるサイコフィールドによって無効化にできるためセットでPTにいることが多い。過去作必須というわけでもないのでサンムーンしか育成環境ない人にも使いやすいのでとにかく母数が多い。

 

ナットレイ

 f:id:tomboxy:20170126021018p:plain

489という低種族値から驚くほど無駄のない配分でおなじみのナットレイ

カプ系すべてにかなり優位に立てるといった点とミミッキュとも相性がいいという新ポケを終わらせに来たような刺さり具合をしている。主な構成は物理受けまたは特殊受け、やどりぎ/ジャイロボールまではほぼ持っていてあとはステロはたきおとすまもるあたりが多い一見炎技で対策が容易に見えるがサイクル戦に敗北するとステロとやどりぎで粘られて無理やり突破してくることもあるのであなどれない。ステロをまかれたりやどりぎで粘られる前にちょうはつするかさっさと突破してしまいたい。

ちなみにカクトウZによる役割破壊であっさり死ぬ可能性もあるので重いと感じたら搭載してもいいかもしれない

 

リザードンX/Y

f:id:tomboxy:20170209230410p:plainf:id:tomboxy:20170209230414p:plain

物理の超火力と特殊の超火力二つのメガを持つポケモン

過去作同様どちらがいるのかなんとなく察しないととんでもないことになってしまう

基本的にXは竜の舞アタッカーフレドラ/げきりん(ドラクロ)/竜舞/色々もしくはニトチャつるぎのまいの全抜き型

Yは炎技/ソラビ/エアスラ/身代わりorめざ氷が主流

Sが100なのでなんとか上をとるかタスキアタッカーで強引に突破するのが対策と言えるがなにせどっちかわかりづらいのが危険そして受けづらい

PTの特殊物理の比率を見たり壁持ちがいたりドラゴンいるかいないかとか様々なとこに着目してどっちか特定しよう!ステロ持ちがいたらさっさとステロを撒こう

 

ゲッコウガ

f:id:tomboxy:20170209231418p:plain

水/悪の速攻アタッカー、S122の超スピードから繰り出される特殊物理両刀と往年のゴウカザルのような読みにくさと変幻自在による強制タイプ一致という広範囲が持ち味のポケモン。珠もちかタスキが多いが今回追加のZワザによってさらに多彩な戦法が取れるようになった。アローに縛られることもほとんどなくなったのでのびのびと動くことが可能になるケースが多くなった。特にカプ・レヒレなどの新物理受けもダストシュートで倒すこともできたりとにかく足の遅いアローラポケモンの人権を迫害しにきている

型が多彩なので受けることは難しいが高耐久のチョッキアタッカーやカプ・コケコなどのゲッコウガより速いポケモンなどでうまく処理していきたい

 

他にも書きたいポケモンはたくさんいるが自分がやってた中でこいつ特にきついなぁと思った4匹を書かせていただきました、ほかのポケモンやシーズン1で活躍したポケモンの今後についてはまた今度暇な時に書いておきます。

 

 

ポケモンサン・ムーン レーティングシーズン1まとめ

どうも、なんか自分のゲームの浅いやりこみを書き留めておくために作成しました。

サンムーンのシーズン1のまとめを今回は書き残しておきます。

技構成とかはまたの機会に。

 

最終成績

f:id:tomboxy:20170126015803j:plain

ごらんの感じになりました、トータルで勝ち越せてなおかつダブルシングル1700を

超えられたので個人的には満足です(ほんとはシングル1800行きたかった)

今回はガルーラアローなどの構成に大きく縛りをもたらすポケモン

少し弱くなったので、比較的自由に構成を変えることができたと思います。

ざっくり最終編成を公開すると

シングル         ダブル

f:id:tomboxy:20170126020308j:plain  f:id:tomboxy:20170126020450j:plain

という感じで少しなりとも個性は出せたんじゃないかと思います。

構成はまた後ほど

そしてついに25日バンクが解禁されましたね。

これから定期的に流行も変わってくると思います。

次回その中で活躍しそうなポケモン、今後きつくなりそうなポケモン、前と同じとは言えないけど今後も通用しそうなポケモンを予想していこうかなと思います(シングルのみ)

以上です、ありがとうございました